育毛剤

育毛剤口コミランキング|効果の高いのはこれ!

投稿日:

最近では育毛剤の種類もたくさん出ており、数が多すぎていったいどれを選べばいいのか分からなくなってしまいます。
なぜここまで種類が増えたのかというと、薄毛の原因や薄毛の種類がそれだけ多くなってきているからです。
なので自分の薄毛の種類やタイプを分かったうえで購入しなければ、思うように効果が見られないでしょう。ここではどのような育毛剤の種類があり、どのような薄毛タイプに合っているかを把握して選ぶ必要があります。
当サイトでは、育毛剤で効果が高い人気の商品の紹介やその選び方などをご紹介いたします。。

総合育毛剤ランキング!【保存版で髪元気】
M-1発毛・育毛ミスト
分子ピーリングの発毛・育毛剤ミスト「M-1」 M-1は安全&安心して使用可能な無添加の育毛促進ミストです。薄毛や抜け毛、白髪やふけといった髪の悩みを持つ方に充分に満足して頂ける効果を有しているんですよ。M-1は分子ピーリングという独自製法を用いており頭皮から若返り効果を計り、育毛発毛を促進させることが目的です。また使用方法もとても簡単ですので面倒なく毎日続けることが出来るでしょう。今なら期間限定のキャンペーン特価で2ヵ月分が通常価格の18%OFFで購入可能です!更に効果がなかった方や頭皮との相性が合わなかった方のために全額返金の保障もされていますから、安心してお試し頂ける仕様となっております。

詳細はこちら

リアルラゾン
育毛 リアルラゾン 育毛剤だけを使っていても育毛しない?!25年以上の期間と4億円以上の開発費を用いた研究の結果、育毛発毛界の常識を覆す論理から生まれたのがリアルラゾンなんです。育毛剤だけでは効果がなかった方に特にオススメしたいのが、毛穴専用電動ブラシとのセットです。頭皮が柔らかくないことには折角の育毛成分は頭皮に浸透することはありません。硬くなった頭皮を柔らかくする効果があるのが、この専用ブラシなんですよ。定期購入の場合はそんな頭皮刺激に最適な専用電動ブラシも付いてきます。どのコースでも料金は後払い可能ですからまずはお試しいただいて効果を実感してみてくださいね!

詳細はこちら

ナノインパクト
ナノインパクト ダブルテラ 育毛剤 現在販売されているナノインパクトシリーズは最新育毛促進剤「WTera」。ナノインパクトのナノテクノロジーを集結させて生まれ、浸透力も持続力、そして発毛促進力がパワーアップしています!ナノ粒子の力で有効成分2兆個がじっくりと約10時間以上をかけて毛根の奥底まで浸透し、より効果を実感出来る仕様へと生まれ変わったのです。またホソカワミクロンの発毛については研究段階でもモニターの90%以上の方が効果を実感したという実証がある程です、初回購入の場合半額の上、全額返金保証が付いているので気軽に効果を試せるのも嬉しいですよね!

詳細はこちら

【育毛剤ランキング保存版で髪元気】流 選び方

血行促進タイプ

主に頭皮の血行不良により発毛力が弱まった方に効果的です。血行促進タイプの育毛剤は、その名のとおり頭皮の血行を促進させて発毛を促します。

頭皮には毛母細胞というものがあり、血液から流れてくる栄養素や酸素を分裂・増殖させ毛髪の生成を行います。しかし血液の流れが悪くなると頭皮へ栄養素や酸素が運ばれなくなり、毛髪の生成が滞ってしまいます。

つまり頭皮の血行をよくすることで、発毛効果が期待できるというわけです。これらが原因で薄毛が見られら人は、全体的に冷え性の人や頭皮が硬い人、タバコを吸う人などが多いですね。

血行促進タイプの育毛剤にはミノキシジルという成分が配合されているものが多く、ミノキシジルは血管拡張作用によって血行を促します。有名な育毛剤で挙げると、ロゲインやリアップですね。

皮脂分泌抑制タイプ

頭皮にはもともと皮脂が存在します。皮脂は頭皮を外部の刺激から保護する役割があり、必要不可欠なものです。しかし皮脂が過剰分泌してしまうと、多く分泌しすぎた皮脂が毛穴を塞いだり長期放置により酸化してしまったりと、炎症などの肌トラブルの原因となってしまいます。酸化した皮脂は過酸化物質となり毛根にダメージを与えてしまい、薄毛や抜け毛の原因になります。そうならないためにも、皮脂の過剰分泌を抑えなけらばいけません。

薄毛や抜け毛でお悩みの方で頭皮がべたつく人は、皮脂分泌抑制タイプの育毛剤を選びましょう。皮脂のバランスをコントロールするには育毛シャンプーなどもオススメです。

男性ホルモン抑制タイプ

男性ホルモンの影響によって起こる男性型脱毛症=AGA。薄毛や抜け毛で悩む多くの方はこのAGAが原因です。男性ホルモンにはテストステロンと言われる成分があるのですが、このテストステロンと5aーリダクターゼが結合してジヒドロテストステロンという成分が生まれます。このジヒドロテストステロンが多ければ多いほどAGA症状が進行してしまうため、ジヒドロテストステロンを抑制させるためにも5aーリダクターゼを阻止しなければいけません。5aーリダクターゼを阻止するためにはプロペシアやフィンペシアという成分が効果的なため、これらの成分が配合された育毛剤を使用しましょう。

AGAの方は遺伝的要素が大きく関係してきます。直系家族に薄毛の方がいた場合はAGAの可能性が高く、男性ホルモン抑制型の育毛剤を使用しましょう。またAGAの進行も2タイプに分かれており、頭頂部から薄毛が進行していくO字型タイプと生え際から進行していくM字型に分かれます。

毛母細胞活性化タイプ

毛母細胞を活性化させることで、育毛・発毛を促します。毛母細胞は毛髪を生成している細胞で、毛母細胞が分裂や増殖を繰り返して毛髪を作ります。しかし毛母細胞は栄養が不足すると活動が衰えてしまい、健やかな発毛が行えなくなります。活動が休止した状態の毛母細胞を再度活性化させるためには、毛母細胞活性化タイプの育毛剤を使用しましょう

【保存版】育毛剤の種類

育毛剤と一言で言っても、外用薬・内服薬・ヘアケア用品の3タイプに分類されます。薄毛のタイプにも種類があるように、育毛剤もその人の薄毛によって使いわけなければいけません。育毛剤の種類によって使い方や効果が違ってくるので、自分がどのタイプの育毛剤を使えばいいのか理解して使い分けましょう
ここではその3タイプの育毛剤の特徴を紹介します。

外用薬タイプ

外用薬タイプはその名の通り外側からケアする育毛剤です。ローションなどの液状やクリーム状が多く、直接頭皮に塗布します。物にもよりますが、スプレー状になっていて頭皮に吹きかけるかスポイト状のもので頭皮に垂らす用法で、いずれも頭皮にしみ込ませた後指の腹を使ってもみこむようにマッサージします。
育毛剤を毛穴からしみ込ませるので、毛穴が汚れや角質で詰まっていては効果が薄くなってしまいます。なので外用薬タイプの育毛剤を使用している方は、育毛シャンプーなどを併用して頭皮を清潔に保つとより効果が得られます
外用薬タイプの育毛剤で主な製品は、ミノキシジルが配合された「リアップ」などでしょう。ミノキシジルには血管拡張作用があり、抜け毛防止効果のある「フィナステリド」と一緒に併用すると更なる相乗効果が期待できます。

内服薬タイプ

内服薬タイプの育毛剤は外側から塗布するものではなく、錠剤を飲んで内側から発毛を促進させるタイプの育毛剤です。体内から直接取り込むので、外用薬よりも内服薬タイプのほうが効果が高いと言われています。しかしそれだけ副作用のリスクも高くともなってきます。
オススメの使用方法は、外用薬タイプの育毛剤と内服薬タイプの育毛剤を同時に使用することです。

ヘアケア用品

ヘアケア用品は育毛剤ではありませんが、育毛シャンプーやスカルプケア用品など、頭皮の汚れを落として毛根を清潔にし育毛や発毛を促すという意味では、育毛剤のジャンルに当てはまります。
頭皮をキレイにして清潔に保つだけでなく、抜け毛を防止したり乾燥した頭皮に潤いを与えたりする効果もあります。外用薬や内服薬と同時に併用する方も多く、より効果的な発毛を促進します

-育毛剤

Copyright© ハゲワン【薄毛治療・対策・予防・育毛・AGA】 , 2018 All Rights Reserved.