育毛剤

男性・女性では育毛剤の副作用に違いがある!使用前に知っておきたいこと

更新日:

抜け毛が気になる方がお世話になる機会も多い育毛剤。市場にはたくさんの育毛剤があり、れぞれに配合されている成分も異なれば、得られる効果にも差異があります。

 

人によってあうあわないというのもありますが、中には副作用が危惧されるようなものも少なくありません。副作用が出るという事はそれだけ強力な成分を含んでいるという事でもあると言えますが、しっかりと副作用の理解を深めて安全に育毛剤を使用するようにしましょう。

女性用と男性用では成分が異なるので副作用にも違いが?

育毛剤にもさまざまな種類のものがありますが、一番大きなくくりは男性用科女性用かという点です。

 

というのも男性と女性ではそもそも薄毛になる原因・メカニズムに差があります。もちろん共通している部分もあるのですが、根本的な原因が異なる場合が多く、その場合は当然育毛剤に要求する効能や成分にも差が出てくるのです。

男性の場合

男性の薄毛は男性型脱毛症と呼ばれるものが主な薄毛の要因です。この症状は男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼという酵素の働きによってジヒドロテストステロンという強力なホルモンに変換されることで起こります。

 

このジヒドロテストテロンが受容体を刺激すると髪の毛の生え変わるサイクルに異変が生じ、健康で丈夫な髪の毛を継続的にはやすことが出来なくなってしまうのです。

 

これに加えて、喫煙や飲酒、偏った食生活による血行不良が髪の毛への負担を増やすことで男性型脱毛症は深刻化していきます。

 

つまり男性用の育毛剤はホルモン面への働きかけと血行促進を促すことを基本的な目的として作られていることになります。

女性の場合

女性の脱毛は女性ホルモンの減少やバランスの急激な変化、頭皮環境の悪化、栄養バランスの悪さが主な要因だとされています。

 

特に女性ホルモンのテストテロンは加齢によって明らかに減少していくため、更年期前後になって薄毛が進行するケースも少なくありません。

 

頭皮の保湿成分や髪の毛の栄養成分を中心に配合したものも多くみられます。

 

 

このように根本的な成分が異なる男性用、女性用の育毛剤。当然副作用にも差が出ることが容易に想像できます。

共通の成分を配合した商品もみられる

中には男女共用の育毛剤というものも存在します。なぜそのような商品が存在するかというと、男性・女性両方の薄毛の原因となる頭皮や髪の毛の栄養成分をバランスよく配合しているため、男女どちらにも効果を示す可能性があることが考えられるからです。

 

しかし、可能であれば育毛剤は自分の薄毛の原因をしっかりと分析した上で、その原因にアプローチできる商品を選択する事が望ましいので、男女共用の商品は誰にでも最低限の効果を期待できる反面、高い効果を得ると言う意味ではあまりオススメできないと言えます。

育毛剤には副作用も?

育毛剤は基本的に正しく使用していれば副作用が出ることも少ないものですが、自分の体に合わない成分の含まれているものや刺激の強い成分の含まれているものを使っていると副作用を感じることがあります

 

効果の高い成分が入っていれば入っているほど身体への作用が強い反面で副作用が起きるリスクも高まりますので、自分に合った育毛剤を探すことが大切です。

 

そのためにはまず育毛剤で起こりうる副作用について理解を深める必要があります。男性用と女性用とでは商品の性質が異なるため生じる副作用にも差が現れることがあります。

 

副作用を感じた場合はあわてず、すぐに使用を中断してお医者さんに相談しましょう。

育毛剤で生じる副作用にはどんなものがある?

育毛剤では一般的に以下のような副作用が生じる可能性が指摘されています。商品の説明書などをしっかりと読みこみ、心当たりのある症状が出たら使用を中断するようにしましょう。

かゆみ・フケ

頭皮にあわない成分が入っていたり、頭皮が敏感な方で育毛剤の刺激が強すぎると頭皮が荒れてかゆみやフケが生じ、抜け毛が悪化する事も考えられます。育毛剤を使用してからかゆみやフケなどの違和感が出た場合は一度使用を中断して様子を見た方が良いでしょう。

ニキビ

育毛剤には頭皮を活性化させるもの、血行をよくする効果がある場合があります。代謝が良くなることで頭皮の皮脂が増加してしまうと、アクネ菌が繁殖しやすくなりニキビなどが出来てしまう事があります。

初期脱毛

育毛剤が効果を発揮すると、健康な髪の毛が生えそろうようになる過程において、弱っていた毛髪が自然と抜け落ちると言う現象が起きます。

 

この時、いつもよりもさらに抜け毛の量が増えたように感じることがあります。これは初期脱毛と呼ばれ、育毛剤が効果的に利いていることを示すものでもあります。

 

市販の育毛剤などでは劇的な効果が出づらいため初期脱毛は起こりづらいのですが、ミノキシジルなどを含む発毛剤などを使用すると副作用として初期脱毛が現れることも多いです。

 

育毛剤でも効果がしっかり出れば初期脱毛が起こることもあります。

頭痛・めまい・吐き気など

ミノキシジルを含んだ育毛剤は血管拡張の効果によってめまいや吐き気を訴える人が出ることがあります。それだけ身体に対して効果を示すものである証拠ではありますが、髪の毛が生えてくる前に身体が壊れてしまっては元も子もありません。

 

異常を感じた場合はすぐに服用を中止するようにしましょう。

心臓に副作用の出る育毛剤がある?

育毛剤の副作用として心臓に害があるというものをきいたことのある人もいるかもしれません。これはおそらくミノキシジルが配合された商品に関しての情報でしょう。

 

ミノキシジルはもともと高血圧用の血管拡張成分であり、それが発毛に効果的だという事で発毛剤などに応用されている物です。

 

そのためミノキシジルを使用した育毛剤や発毛剤には副作用として心臓の鼓動が早くなったり、胸に痛みがあらわれる可能性が指摘されています。

 

心臓に違和感を覚えたらすぐに使用を中止して医師に相談するようにしましょう。

男性用と女性用で育毛剤の副作用に差はあるの?

先ほど見てきたように、育毛剤には男性用と女性用が存在します。それぞれがそれぞれの性別の薄毛に効果を示しやすいように考えられ、作られているワケですから配合されている成分は異なることになります。

 

そうなると副作用にも違いが出てくるのか、ということも気になりますね。基本的にはどちらの場合も育毛剤にあらわれる副作用、かゆみ、フケ、ニキビ、初期脱毛などが副作用としては考えられます。

 

一方で女性が男性用育毛剤に使用されるファナステリドを摂取すると、子供の性器の形成に異常があらわれることがあるため禁忌とされています。

 

基本的には副作用に差は無いのですが、男性用は男性、女性用は女性が使うようにし、両性用でない限りは逆に使用する事はやめていた方がいいと言えるでしょう。

まとめ

育毛剤はその種類や配合されている成分によっても考えられる副作用が変わってきます。かゆみやフケが生じる程度のものから、体調を崩しうるようなものまで様々です。

 

細かい副作用の可能性は商品ごと、説明書にかかれた注意分をしっかり読んで把握しておくことが大切です。

 

特に効果が出やすいタイプの育毛剤になればなるほど身体へかかる負荷も増えるため、副作用の心配は増加します。くれぐれも無理して使い続けることがないよう、自分の身体や頭皮としっかりと向き合い、無理のない範囲で使うようにしましょう。

 

異常が続くようなことがあれば病院へ行って医師に相談する事も大切です。育毛剤の使用はしっかりと身体と向き合いながら行いましょう。

-育毛剤
-, , , ,

Copyright© ハゲワン【薄毛治療・対策・予防・育毛・AGA】 , 2018 All Rights Reserved.