育毛剤

育毛剤のタイプにより使い方が違う!オススメの使用方法まとめ

更新日:

抜け毛が気になってくるとまず頼りたくなるのが育毛剤。髪の毛に栄養を与えたり、頭皮環境を整えたり、身体の内側からホルモンバランスを改善するなどその効果は多種多様。

 

でもちょっと待ってください。ちゃんと正しく育毛剤使えていますか?正しい使い方が出来ていなければ効果は十分に発揮されません。それ以上にますます髪の毛へダメージを与えてしまう事も・・・。

 

正しい育毛剤の使い方を改めて習得し、育毛剤の効果をしっかりと得られるようにしましょう。

育毛剤のタイプによって使い方は違う

育毛剤と言ってもさまざまなタイプが存在しますので、当然タイプによって使い方には害があります。

塗るか飲むかの違い

最も基本的で大きな違いは塗るタイプが内服タイプかというものです。これはもうそのまま、塗るタイプは頭皮に直接塗っていくのですが、内服タイプは薬の様に飲みこんで身体の内側から髪の毛を活性化させることを狙います。

 

どらもメリット・デメリットがありますし、期待できる効果やメカニズムに違いがあるので、自分に合った育毛剤を選択することが正しい使い方以前に重要なポイントになります。

医薬品か医薬部外品か

次に育毛剤自体が医薬品認定されているものか医薬部外品かという違いもあります。医薬品として認定されている物の方が成分が強力で効果が出やすいですが、一方で副作用のリスクも高まります。

 

ものによっては年齢制限があるような医薬品もありますので、まずは医薬部外品から手を出してみるのが無難です。

 

どうしても医薬品レベルのものを試してみたい場合は一度専門医に相談してみましょう。

 

いずれにせよ扱いには十分な注意が必要ですが、特に医薬品育毛剤を使う場合は使い方をよりシビアに考える必要があると言えるでしょう。

育毛剤の使い方として併用はOK?

複数のタイプの育毛剤が存在するため、ひとつ使って効果が出ないと併用してみたいという思いも出てくることでしょう。

 

しかし併用はやめていた方が無難です。実際に大体のメーカーの育毛剤が併用を推奨しないというような旨の注意書きを説明書などに書いています。

 

安全性が証明されておらず、副作用が強く出るなどのリスクがあることも考えると、あまりオススメできることではありません。

 

もし、ある育毛剤を使っても効果が実感できないようなら別の商品に切り替えてみると言うのも一つの手です。自分に合った育毛剤を使うことで高い効果が期待できます。

 

また、育毛剤自体は即効性のあるものではありませんので、ある程度の期間継続して使用して様子を見ることも大切です。

育毛剤の使用は夜のお風呂上りがオススメ

 

特に塗布するタイプの育毛剤を使用する方は夜に塗布するのがオススメです。

 

塗布タイプの育毛剤はだいたい一日一回の使用になっています。そうなるとどのタイミングで育毛剤を使用するか悩むことがあるのですが、特別な理由が無い限りは風呂に入って身体を綺麗にした後、寝る前につけるのが理にかなっているでしょう。

 

理由としてはしっかりと頭皮ケアをしていれば頭皮の汚れや古い角質がとれて綺麗な状態になっているという事がひとつ。やはり綺麗な頭皮に育毛剤を塗布しないと十分に浸透してくれません。

 

また、血行がよくなって毛穴も開いており、育毛剤の浸透効率もお風呂に入る前よりも高まっていることもポイントです。

 

さらに十分に栄養を吸収した頭皮状態で睡眠に入ることで、髪の成長が促進される効果も狙えます。

 

各々タイミングはあるかもしれませんが、いつ塗布しようか迷っている方はぜひ夜、お風呂上りに使うようにしてみましょう。

育毛剤を効果的に使うために頭皮の脂を取り除くようにシャンプーを

シャンプーをする際には頭皮の皮脂汚れをしっかりと取り除くようにしましょう。皮脂が多い人はそれが原因で毛穴が詰まって髪の毛が成長しなくなっていることもあります。

 

また、頭皮に脂がたくさん残っていると育毛剤の浸透も悪くなるので、シャンプーではしっかりと皮脂汚れを落とすように丁寧な洗い方を心がけます。

 

かといって、あまり強く激しく洗うと頭皮を傷つけたり、逆に皮脂を落とし過ぎて乾燥し、そこから余計に皮脂が分泌されることもあります。

 

シャンプーする際はやさしく指の腹を使って洗っていきます。くれぐれも爪を立てるようなことはしてはいけません。頭皮が傷ついてしいます。

 

シャンプー前にブラシなどで頭皮の汚れを落とすのも効果的。ここでしっかりと汚れをとすことで頭皮の健康を守ることが出来るのです。

ドライヤーをしっかりかけてから育毛剤を使う

お風呂上りに育毛剤用を使用する場合は、ドライヤーを使ってしっかりと髪の毛を乾かしてから使うようにしましょう。

 

水分が溜まっている状態で育毛剤を塗布すると希釈されて効果が弱まる可能性があるからです。

 

ドライヤーのかけ方が重要

髪を乾かすだけのことですが、特に頭皮や髪の毛が弱っている人にとってドライヤーのかけ方は重要です。適当にやると抜け毛がひどくなることも考えられます。

 

まずは乾いた清潔なタオルで髪の水分を大まかにふき取ります。この時ゴシゴシしてはダメです。ゴシゴシすると髪の毛を痛める原因になります。包み込むようにして優しく水分を取り除きます。

 

タオルドライが済んだら、いよいよドライヤーの出番です。まずは温風で手早く髪全体を乾かします。熱風は髪を傷める原因になるので手早く済ませるのがコツです。

 

大方乾いたら冷風に切り替えて完全に乾かします。冷風によって熱された髪の毛をクールダウンするのと同時に、頭皮が乾燥しすぎてしまうことを防ぎます。

育毛剤の使い方

シャンプーでしっかりと汚れをおとし、清潔な頭皮と髪の毛をドライヤーで丁寧に乾かしたら、いよいよ育毛剤を塗布していきます。

 

気になる部分の地肌に直接塗布し、指の腹を使ってもみこむようにして付けていきます。こうすることで頭皮への浸透がスムーズに行われ、効果アップが期待できます。

 

育毛剤は商品によっても適量が異なりますから、基本はおさえつつもまずは説明書をしっかり読んで、その商品ごとの理想の使い方を学んでから使うようにします。

 

中には少し水分が残った状態で塗布する事が望まれる商品なども存在しますので、基本は押さえつつも、商品ごとの特性に合わせた使い方をすることでより高い効果を得ることが出来るでしょう。

まとめ

育毛剤の使い方は厳密に言えば商品ごとに異なりますから、まずはなによりその商品の取扱説明書をじっくりと読み込むということが大切です。

 

また、育毛剤の使い方はただ単に塗布する時だけでなく、その前の汚れをとしたり乾かしたりするところからすでに始まっています。育毛剤の使用は髪の毛のトータルケアの一環なのです。

 

育毛剤を付けたからと言って髪の毛がすぐに生えてくるという事ではなく、あくまでも頭皮のケアをしっかり丁寧にやっていくことで頭皮環境を改善していくことが大事になってきます。

 

自分に合った育毛剤を探し出して、ぜひ頭皮環境の改善にチャレンジしてみましょう。

-育毛剤
-, , , , ,

Copyright© ハゲワン【薄毛治療・対策・予防・育毛・AGA】 , 2018 All Rights Reserved.