AGAクリニック

ナイナイ岡村隆史さんがハゲを解消!AGA治療薬の種類と効果はこれだ!

更新日:

このページではハゲで悩んでいたナインティナインの岡村隆史さんが病院でのAGAを受けてハゲを解消した際の治療法や、AGA治療に使われる薬剤の効果や特徴・費用などをご紹介いまします。薄毛で悩んでる方、AGAの方にぜひおすすめの芸能人の体験談です。

岡村隆史さんはハゲで悩んでいた

テレビやラジオなどでも大人気のナインティナインの岡村隆史さんは、2010年ごろから頭髪が薄くなっているのに悩んでいました。バラエティテレビで被り物をしたり、ダンスなどのパフォーマンスをして汗をかいたときなど、明らかに頭皮が透けているのがテレビでも確認できています。

強がっていたものの最終的にはAGA治療に踏み切る

どんどん薄くなっている頭髪に対し「ハゲるならハゲ上がれと思っている」と強がってみせたものの、ラジオ番組で「やっぱりハゲたくない」と心境を吐露。結局2014年ごろから病院へ行き、AGA治療に踏み切ることにしました。

まずはカウンセリング

当時のことを岡村さんは「ハゲたくない一心だった」と言っています。まず医師との無料カウンセリングを受け、頭髪の多い人と少ない人の写真を見せられて「どちらがいいか」と聞かれました。当然「頭髪が多い方」を選んだ岡村さんはその病院でAGA治療を受けることになり、薬やシャンプーを処方されました。

AGA治療・その1:薄毛治療の飲み薬

AGAの治療で用いられる飲み薬には、抜け毛を抑制する「プロペシア」があります。プロペシアはAGAの原因となる「DHT」という男性ホルモンを抑制する働きがあります。

DHTとは

男性ホルモンであるテストステロンは、毛乳頭に含まれる5αリダクターゼという酵素と結合することによって「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変化します。このDHTは皮脂分泌を過剰にする働きがあります。皮脂が毛穴を塞いで発毛を抑制したりDHTに含まれる増殖抑制因子の影響で毛母細胞の細胞分裂が邪魔されるために発毛サイクルが乱れ、毛が細くなったり抜けたあとに生えなくなったりするのです。プロペシアがDHTの発生を抑制するため、抜け毛が抑制されるようになります。

プロペシアの有効成分は「フィナステリド」

プロペシアの有効成分は「フィナステリド」と言います。イタリアの大学教授による研究では、10年間フィナステリドを投与した被験者の86%が抜け毛の進行が止まるなどの効果が見られたということです。なお、フェナステリドを含んだプロペシアのジェネリック品も処方薬として販売されています。

効果が出るまでにはどれくらいの期間がかかるのか

プロペシアの添付文書によると、効果が確認できるまでは通常で6ヶ月かかるとされています。ただし3ヶ月で効果が出ることもありますので、3ヶ月から6ヶ月は毎日服用しなければなりません。また、効果が出てきたからと言って途中でやめてしまうと、再び抜け毛が進行してしまいます。人によっては一生飲み続けるというケースもあるようですが、服用の期間は医師と相談して決めるようにしましょう。

副作用も報告されている

プロペシアは効果のある薬ですが、副作用も報告されています。副作用としては勃起不全や性欲の減退、肝機能障害などが見られます。いずれも試験では最大0.4%の被験者に現れた症状です。その他にも蕁麻疹や血管浮腫などがごく少数ですが報告されています。

AGA治療・その2:発毛促進の飲み薬

AGAの治療で用いられる飲み薬には、発毛を促進するものがあります。それが「ミノキシジルタブレット」です。ミノキシジルは市販薬の育毛剤「リアップ」などにも含まれている成分です。体内に直接取り入れることでミノキシジルの持つ発毛効果を最大に引き出すことが出来ます。

ミノキシジルの持つ効果

ミノキシジルは当初「血管拡張薬」として開発されました。主に高血圧治療の薬として用いられていました。ですが、発毛効果があることがわかったため、発毛促進用の薬として用いられることになりました。ミノキシジルがどのように発毛を促進しているのかという原理はまだ明らかではないですが、発毛促進因子を生成する「アデノシン」を分泌させるという説が有力です。

ミノキシジルは効果が出るまでに3〜6ヶ月かかる

ミノキシジルは効果が出るまでに一般的には6ヶ月程度、早い人で3ヶ月程度かかります。最初の3週間くらいで「初期脱毛」と呼ばれる現象が起こります。発毛・育毛のサイクルが早くなるため、それまで生えていた細く短い毛が抜けていくのです。その後、黒く太い毛が生えるようになります。

高血圧の治療をしている際には注意が必要

ミノキシジルは元々高血圧治療のために用いられていました。そのため、現在高血圧の治療を受けているという人は注意が必要ですので、必ず医師に相談してください。それ以外の薬(風邪薬やアレルギー薬、鎮痛剤など)は飲み合わせに問題はありません。

ミノキシジルの副作用に注意

ミノキシジルにも副作用の恐れがあります。肝機能への負担、低血圧によるめまいや頭痛・倦怠感、むくみや体重増加、発疹・発赤・かぶれやかゆみが起こる可能性があります。また、強力な発毛効果により、体毛が濃くなることもあります。

服用できない人もいる

血管拡張の作用があるため、低血圧や狭心症など、心臓・血管系の疾患がある場合や腎臓・肝臓の機能障害のある人、人工透析をしている人は使用できません。妊娠中の女性や授乳中の女性も服用できません。なお、お酒を飲んだ後は3時間空けて飲みます。ミノキシジルを服用したあとにお酒を飲む場合も同様に3時間空けます。

AGA治療:その3:発毛促進の塗り薬

岡村隆史さんは塗り薬としてミノキシジルの外用薬も処方されました。ですが「塗ると頭がベタベタするので使いたくない」といい、マネージャーにあげてしまいました。マネージャーはその塗り薬を使ったところ、産毛が生えてきたということでした。

ミノキシジルの内服薬と外用薬の違いは

ミノキシジルの外用薬は処方薬の他に市販薬「リアップ」があります。処方薬のほうが配合量が多くなっています。外用薬は皮膚に塗りますが、吸収率はそれほど高くありません。そのため、内服薬のほうがミノキシジルの効果が得られやすいのです。もちろん内服薬と外用薬の両方を使うことで、さらに効果が高まります。

岡村隆史さんのAGAの治療費はこのくらい!

岡村隆史さんはAGAの治療に「月30,000円程度」かかっているということを明らかにしています。自毛植毛などを行うとさらに高額になることから、岡村さんは病院から出された処方薬のみを使って髪の毛を増やしたことになります。

岡村隆史さんの治療期間は

岡村さんは2013年の11月頃にAGA治療のために初めて病院へ行っています。2014年の年明けには実家に帰ったときに「髪が増えた」と気が付かれたことから、わずか2ヶ月程度で結果が出始めたことがわかります。その後治療開始の1年後である2014年10月の岡村さんの写真を見るとふさふさになっていまる。ただここで治療を終えたのではなく、2016年の半ばくらいまでは「まだ薄毛の薬を使っている」というコメントが聞かれました。そのため、AGA治療は効果が出たからすぐにやめるのではなく、ある程度の期間に渡って続けた方が良いということがわかります。

岡村隆史さんのようにAGA治療でハゲを解消しよう

常に人の目にさらされる芸能人にとって、自分の容姿は非常に大切です。お笑い芸人でハゲをネタにする人もいますが、もちろん悩みとして抱える人もいます。ナインティナインの岡村隆史さんはハゲに悩んでAGA治療に踏み切り、見事にくろぐろとした髪の毛を取り戻しました。内服薬や外用薬などを使った治療であなたもハゲを解消しましょう。

-AGAクリニック
-, , , ,

Copyright© ハゲワン【薄毛治療・対策・予防・育毛・AGA】 , 2018 All Rights Reserved.