その他の育毛剤

ロゲイン

投稿日:

ロゲインはミノキシジルが含まれた発毛剤で、AGA治療薬としてアメリカ食品医薬品局のFDAから正式な認定を受けた発毛剤です。FDAから認定を受けている発毛剤は他にもありますがわロゲインは世界で始めて認可を受けた発毛剤になります。
もともとは高血圧症の治療として使用されていたミノキシジルは、後々発毛効果があるとして今では発毛剤として使用されています。1980年代にアップジョン社がロゲインとして販売したことから始まり、当時は2%のミノキシジルが配合されていました。しかしその後5%にアップされ現在では5%のほうがたくさん販売されています。ロゲインを使って臨床実験したところ、7割以上の方に発毛効果が見られたという結果が出ています。また一番早い方で2ヶ月というスピードで発毛が見られたということです。
ロゲインは薄毛や抜け毛が気になる頭皮に直接塗布する外用薬です。ではいったいどのようにして発毛に繋がるのでしょうか。
1.気になる部分にミノキシジルを塗布すると、頭皮に浸透したミノキシジルが血管を拡張させます。
2.血管が拡張すると血流がアップして、酸素や栄養分をたくさん運ぶようになります。
3.毛根の中心部にある毛乳頭の働きが活性化し、同時に毛母細胞も活性、髪の毛を作るよう指示されます。
このように頭皮にミノキシジルを送ることで様々な細胞が活発化さ、分裂を繰り返していくことで毛が生えてくるようになります。
ミノキシジルは強い発毛効果があるので、市販で販売されている育毛剤が効かなかった方でもロゲインなら効果が見られるでしょう。
といってもロゲインは医薬品であり、それなりに強い効能があるため副作用のリスクも高まってきます。
ロゲインに含まれているミノキシジルは血管を拡張する働きがあるので、血流アップによる全身発汗や被れ・痒みなどが見られます。しかし副作用の発症率は低いため大半の方には見られないのですが、万が一出てしまった場合でも副作用なので心配いりません。容量や用法さえ守って服用すれば問題はありませんが、摂取しすぎた場合は動悸が収まらなかったりする事があります。その場合はすぐに使用を中止すれば副作用も止まります。
ミノキシジルはフィナステリドと一緒に服用するとAGA治療にとても効果的と言えるでしょう。ミノキシジルは主に発毛促進効果があるとすれば、フィナステリドは抜け毛防止になります。そのため2種類の育毛成分を同時に摂取すればより高い効果が望めるでしょう。

-その他の育毛剤
-

Copyright© ハゲワン【薄毛治療・対策・予防・育毛・AGA】 , 2018 All Rights Reserved.